/>
ETH

イーサリアムとは

- Ethereum / ETH
時価総額No.2。「ワールドコンピュータ」を目指す次世代プラットフォーム

概要

Ethereum(イーサリアム)は、ヴィタリックブリテン(Vitalik Buterin)によって開発されたシステムの名称で、ワールドコンピュータとも言われます。このシステムを利用する際に使用する仮想通貨をEther(イーサ)、通貨コードでETHと言いますが、仮想通貨の世界でイーサリアムと言う場合は、このイーサを指すことが多いです。 イーサリアムは2015年から運用が開始され、2017年現在、仮想通貨市場において、ビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っています。 仮想通貨には、決済以外にも様々な機能を提供する通貨が存在し、特にビットコイン以外の仮想通貨の総称を「アルトコイン」と言います。 イーサリアムは、1000種類を超えるアルトコインの中で時価総額No.1(2017現在)の仮想通貨です。 イーサリアムには、利用者が独自に定義した契約を中央機関無しに自動執行する機能(スマートコントラクト)が備わっており、こうした技術が従来の契約のあり方を変えたり、分散コンピューティングの分野で利用できると高い期待を集めています。


利用するメリット

仮想通貨の大半は、ビットコインの特徴である ①個人間で直接送金できること、②手数料が格安で利用できること、③発行主体による制限が存在しない事、などのメリットを備えています。

では、ビットコインとイーサリアムの違は何でしょうか。 イーサリアムには、ビットコインと比較して以下のような特徴的があります。

1. スマートコントラクト

イーサリアムでは、契約内容をプログラムとして記述し、自動実行できる「スマートコントラクト」と呼ばれる機能を有しています。例えば「商品受取りが完了したら、送金する」といった処理を記述して、自動実行することが出来ます。実行内容はブロックチェーン上に記述して公開されるため、契約の透明性も高く保つことができます。

2. DApp

イーサリアムのネットワーク上で動作する分散型のアプリケーションを記述することができます。このしくみとスマートコントラクトを組み合わせることによって、中間管理者を必要とせず、ビジネスフローを公正に実現するシステムを作ることができます。

3. 新しい仮想通貨(トークン)の発行

イーサリアムでは、イーサリアムのブロックチェーンを利用して新たなサービスを簡単に開発出来るようになっており、新しい仮想通貨(トークン)も簡単に作ることが出来ます。 このように、イーサリアムは中央機関の存在しない様々なサービスを開発するためのプラットフォームとして機能しており、システム利用のために消費される仮想通貨イーサは「ガソリン」に例えられることもあります。 イーサリアムを活用したプロジェクトは多数存在するため、実需に裏打ちされた通貨と言えます。


歴史と将来の展望

イーサリアムの概念は、ヴィタリックブリテン(Vitalik Buterin)により2013年に示され、2015年7月30日に最初のβ版であるフロンティア(Frontier)がリリースれました。正式版に至るまでに3つのアップデート、ホームステッド(Homestead)、メトロポリス(Metropolis)、セレニティ(Serenity)が計画され、現在(2017年10月)はセレニティのリリースを残すのみとなっています。 投資の側面で過去の歴史を振り返ると、イーサリアムは2015年に取引を開始し、300円程度の価格でスタートしました。その後順調に価格を伸ばし、2016年6月16日には、約7倍の2,147円に到達しています。 しかし、翌日、2016年6月17日に「The DAO Attack」という事件が発生し、価格が半減してしまいます。これは、イーサリアムのプラットフォームで提供されていた「The DAO」というアプリケーションがハッキングにあい、ハッキング開始時のレートで150億円相当のETHが盗まれてしまったためです。この問題を修正する際に、イーサリアムは「問題を修正して、ETHの流出を無かったことにするべき」とした主流派と、「どんなことがあっても、過去の取引は修正すべきでない」とした分派に別れました。前者が現在のイーサリアムであり、後者は、イーサリアムクラシックという別名の通貨としてそれぞれ運用を続けています。 The DAOは衝撃的な事件でしたが、その後イーサリアムは信頼性を高め、イーサリアムの技術の活用を目指す企業連盟「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス」にはマイクロソフト、インテルをはじめ、日本からもTOYOTA、東京三菱UFJなど、世界を代表する大企業が名を連ねています。さらに、多くの新しい仮想通貨がイーサリアム上の「トークン」として発行されたことにより価格が高騰し、2017年12月には10万円を超える高値を付けています。この価格は、年始価格の約100倍という急激な上昇となっています。 価格の上下がビットコイン以上に激しくなっていますが、プラットフォームとして今後も利用が期待される通貨です。投資の際には、プラットフォーム・技術利用のニュースに着目する必要があるといえるでしょう。


しくみ

イーサリアムを支えるコンピュータのネットワークは、基本的にビットコインと同様のしくみで構築されており、運用主体なしに運用することができます。 相違点として、構想者が匿名のビットコインと異なり、構想者であり、開発者であるヴィタリックブリテンがリーダーシップをとって開発を進めているため、ビットコインにくらべ、コミュニティーの意思統一がしやすいとされています。 イーサリアムは「ワールドコンピュータ」とも称されますが、そのしくみは「スマートコントラクト」と「DApp」という技術によって支えられています。 DAppとは、標準化されたしくみに従って、仮想通貨を発行するサービスの事です。サービスの利用者は、発行された仮想通貨を支払うことで任意のサービスを受けることができます。支払われた仮想通貨は、DAppを支えるコンピュータに報酬として分配されます。DAppのネットワークには誰でも参加することができ、だれでも報酬を得られることから、分散する(Decentralized)の頭文字「D」に、アプリケーションを表す「App」を繋げてDAppと言います。 通常DAppを作るには、システムを支えてくれるコンピュータを集める必要がありますが、イーサリアムを使うと、イーサリアム上で仮想通貨を簡単に発行することができ、イーサリアムのネットワークに参加している膨大なコンピュータをそのまま利用することが出来ます。 でも、サービスを利用する際はサービス提供者を信頼できるかどうかが大切ですよね。その際に便利なのが「スマートコントラクト」です。スマートコントラクトの仕組みがあれば、契約内容を自動実行したり、その履歴を改竄不可能なブロックチェーン上に残すことができます。 こうした仕組みの組み合わせで、イーサリアムは様々なサービスを構築することができます。


イーサリアム(ETH)を取り扱っている国内取引所

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

チャート

ETH
ETH

基本情報

ティッカー
ETH
フルネーム
Ethereum
通貨単位
Ether
補助単位
10−3 finney 10−6 szabo 10−18 wei
読み方
イーサリアム
コンセンサスアルゴリズム
www.ethereum.org(Gavin Wood、Jeffrey Wilcke、Vitalik Buterin等)
公式サイト
https://github.com/ethereum/go-ethereum
ホワイトペーパー
https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper
Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/イーサリアム

取引所

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

bitFlyerビットフライヤー

ビットコインの取引量、国内No.1

ビットコイン・仮想通貨の購入方法|bitbank.cc

bitbankビットバンク

国内唯一の追証なし、高レバレッジのビットコインFX

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】