/>
LTC

ライトコインとは

- Litecoin / LTC
小額決済を高速に処理、「銀」の役目を担う

概要

Litecoin(ライトコイン)は、ビットコインを元に、より小額決済に適したシステムに改良された仮想通貨です。 ライトコインの単位はLTC(エルティーシー)で、Charlie Lee(チャーリー・リー)氏により考案され、2011年10月7日に公開されました。リー氏は、当時中国最大の取引所であったBTCチャイナCEOの弟でもあります。

ビットコインはセキュリティを高めるため、あえて処理の認証に時間のかかる設計を採用しています。しかし、日常的な決済には、時間がかかると困ることも多いでしょう。そこで登場したのがライトコインです。 私達の日常生活でも、大金を扱うには警備を厳重にしたり、契約書を入念にチェックしたりしますが、コンビニで買物をするなど、日常的な決済であればもっと気楽にお金を扱いますよね。ライトコインは、そうした日常用途に適した通貨を目指して開発され、より短時間に処理され流通しやすい工夫がなされています。 具体的には、発行上限は8,400万枚とビットコインの4倍、取引の承認速度に影響するブロック生成速度は2分30秒とビットコインの1/4となっています。

こうした背景もあって、ビットコインが「金」であるとすれば、ライトコインは「銀」であるという表現がよく用いられます。考案者のリー氏も、「ビットコインはライトコインと競合させるものではありません。確認が長いビットコインは高額な買い物に、確認が短いライトコインは日常的な買い物に使うことで住み分けができると考えている」と語っています。


利用するメリット

ビットコインを改良して作られたライトコインですが、両者に大きな違いが3つあります。

1. 流通量の違い

一つ目は流通量です。ビットコインは発行上限枚数が2100万枚と決められてますが、それに対してライトコインは8400万枚と定められています。市場に出回る量が多いため、1コインあたりの価格が安価になりやすく、誰にでも手が出しやすいのが特徴です。

2. 決済速度の違い

二つ目は決済速度です。決済承認速度は、ブロック生成間隔という、取引を記録していく時間に依存します。ビットコインのブロック生成間隔は10分であるのに対して、ライトコインのブロック生成間隔は2分30秒です。そのため、ビットコインと比べて取引の決済認証にかかる時間がが4分の1に短縮化され、より手軽に決済を終えることが出来るようになっています。

3. マイニング方式の違い

最後の特徴がマイニング方式の変更です。マイニング(採掘)とは、仮想通貨の取引されたデータ(暗号)を解読して整合性を確認することで、報酬として暗号通貨を貰う行為のことです。ビットコインでは「SHA-256」という暗号方式が採用されていますが、ライトコインは「scrypt」という独自の暗号化方式が採用されています。 ビットコインの暗号方式「SHA-256」は研究が進み、高価な専用ハードウェアを用意しなければ、マイニングを行うことが難しい状態となっていました。しかし、ライトコインは独自の暗号方式を採用しているため、ビットコインに比べマイニング参入への敷居が高くなく、個人のコンピュータでもマイニングに参加できると言われています(2017年時点)。また、ビットコインより発行数が多くマイニング報酬が支払われる間隔も短いため、ビットコインに比べマイニング参加への障壁が低い通貨であると言えるでしょう。

ビットコインを「金」とするならば、ライトコインは「銀」であるという例えの通り、ビットコインの苦手な点を補った通貨であると言えるでしょう。


歴史と将来の展望

ライトコインは、2011年10月7日に公開されました。2017年1月には400円前後の値をつけていたのですが、3月末より急激に価格を上昇させて、4月に1,000円、2017年末には2万5千円を突破し、年初から実に60倍近い高値を記録しました。

価格高騰の主要因として、SegWitの実装が挙げられています。SegWitとは、従来の仕組みと互換性を保ちながら、一度に処理できる取引量を増やすことの出来るシステムアップデートです。元々ビットコインの開発チームによって考案されていましたが、ビットコインでは開発者とマイナーの対立からなかなか採用することが出来ず、ビットコインに先駆けてライトコインが実装、採用を行いました。(ライトコインが実績を作ったことも説得材料となり、後にビットコインでもSegWitは正式に採用、実装されています)

小額決済に向いた仮想通貨はライトコイン以外にも存在しますが、ライトコインは登場が比較的速いこと、SegWitを早期に実装したことから現時点ではライバルたちに一歩差をつけた評価を得ています。小額決済の手段としてその地位を保ち、実利用を伸ばせるかどうかが、今後のライトコインの価値を左右していくかもしれません。


しくみ

基本的な仕組みはビットコインと同様になります。違いは「利用するメリット」の項目を参考になさってください。


ライトコイン(LTC)を取り扱っている国内取引所

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

チャート

LTC
LTC

基本情報

ティッカー
LTC
フルネーム
Litecoin
通貨単位
LTC
読み方
ライトコイン
コンセンサスアルゴリズム
Proof of Work
公式サイト
https://litecoin.org/
Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ライトコイン

取引所

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

bitFlyerビットフライヤー

ビットコインの取引量、国内No.1

ビットコイン・仮想通貨の購入方法|bitbank.cc

bitbankビットバンク

国内唯一の追証なし、高レバレッジのビットコインFX

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】